◆NISTの情報が満載!

NISTという言葉の意味は知らなくとも、その単語を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。
正式名称は「国立標準技術研究所」と言いますが、国立標準技術研究所が定めたサイバーセキュリティのフレームワークが国際基準になりつつあります。
初めて聞く方にもその概要をわかりやすく説明しますので、セキュリティに関する知識を深めていきましょう。
これを知れば日本でもITインフラの整備の大切さを実感することでしょう。

NISTってなに?概要と疑問を情報セキュリティ初心者にもわかりやすく解説

NISTってなに?概要と疑問を情報セキュリティ初心者にもわかりやすく解説 NISTが定めた基準である「NIST SP800-171」が今話題になっています。
アメリカの国立標準技術研究所が定めた基準と聞くと、米国内だけで適用されるもののようだし、日本には関係がなさそうだと思う方がいるかもしれません。
ですがNIIST SP800-171の概要を大まかに説明すると、「アメリカの機関と取引する企業に対し、政府が定めたセキュリティ基準への準拠を求めるガイドライン」のため、米国の企業だけではなく日本企業が取引しようとすると、そのセキュリティ基準を守る必要性が出てくるのです。
直接、アメリカ政府との取引がなくとも、日米企業での連携やアメリカに拠点を設置する場合はNIST SP800-171を準拠した対策が要求されると考えられています。
ですからたとえ米国が定めた基準だとしても、日本でも知っておく必要があるのです。

セキュリティの国際基準「NIST」について知ろう

セキュリティの国際基準「NIST」について知ろう 企業やシステムのセキュリティ管理者であれば、「NIST」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。
この「NIST」とは、National Institute of Standards and Technologyの略称です。
米国国立標準技術研究所が定めたもので、サイバー上の世界の安全性を高めることが目的とされています。
北米で適用されており、民間企業においてもこの「NIST]を守る必要があることから、国際基準として適用される可能性が出ているのです。
現在北米においてチェーン展開を行っている企業は、この「NIST」を守る必要があります。
すでにガイドラインが提示されており、今後これがセキュリティ業界の国際基準となるでしょう。
この「NIST」の要件は、企業が守らなければならないセキュリティ要件が14分野109項目存在します。
アメリカがこれを設けたのは、国際基準を示すことだけが目的ではありません。
こうしたセキュリティの基準を厳しく統制することで、他国からのサイバー攻撃に備える意味合いもあります。
特に現在は、国家が国家の情報を狙うという悪質なトラブルが多く見られているのです。
こうした問題を防止するために、セキュリティの強化をはかる必要があります。

各国の度量衡管理機関の中でも目立つNIST

度量衡とは、様々な物を測るということを意味するものです。これがなぜ必要かと言うと、すべての商取引で必要となるのは正確な計測だからです。そのような正確さが価値の大本となっているので、それを測るということはその価値の大元となっているのです。世界のこのような規格については、国際規格により決まっています。各国では、この国際規格を実施する機関が設けられてきました。それらの各国の度量衡管理というものは、これらの機関により実施されることになります。 各国の規格を定める機関において、定められた方法を用いて各地方の基準というものが定められます。このように順番に根拠をたどって行って、実際の商取引現場での測定ということになります。その際大切なのが遡及性と呼ばれるものです。何時でもより上のものを参照できるということです。米国における度量衡の大本を定めているものがNISTです。NISTは、度量衡の管理を行うということの基準となる研究についても世界の中心となっています。

NISTとは所属機関について知りたい情報

NISTはアメリカ国立標準技術研究所の略称で、1901年に設立された国立の機関ということは知っている人もいるのではないでしょうか。NISTの位置づけは計量標準研究所で、所属機関についてはアメリカ合衆国商務省配下の技術部門ということになります。NISTは経済的安全保障の強化と生活の質向上を高める手法を用いて、計量学や標準規格に産業技術を進歩させることを任務としています。ひいてはアメリカの技術革新、産業競争力の向上を目標とします。NISTを代表する任務の1つといえば、アメリカ合衆国公式の公表することが挙げられます。正確には国立標準技術研究所所属のTime and Frequency Divisionの管轄で、時刻だけでなく周波数や時間の間隔に時間帯の国家的標準を担う重大な任を受けているわけです。組織は7つの常任委員会で構成されていて、技術ガイドライン開発や地震の危険性低減、情報セキュリティとプライバシーなどに分かれていますから、実に多岐にわたる研究開発などを担う機関だといえるのではないでしょうか。

NIST基準のセキュリティ管理とはなにか

アメリカ国立標準技術研究所を意味するNISTは、設立から120年以上の歴史がある研究機関ですが、現在でもセキュリティ管理の分野で一目置かれており、発信する情報には目を通す価値があるといえるのではないでしょうか。NISTは脆弱性に関する情報を集めて公開したり、セキュリティ管理のガイドラインなどを発信していることで知られます。実はNISTは国際的なセキュリティ基準となっていて、政府調達要件などは特に注目を集めています。政府調達要件とは政府とそれに関わる企業が満たすべき要件で、いうなればNISTが求めるセキュリティ対策の基準ということになります。近年は、2014年に発行された汎用的で体系化されている水準の指標が、国際的に対策の指針になっているといえます。注目度もさることながら影響力が大きい組織ですから、今後高水準の基準が世界的に定着したり、基準を満たさない企業は取引に参加できなくなるといったことが起こるようになると考えられるのではないでしょうか。

NISTの管理組織についてはどうなのか説明

NISTはセキュリティの管理策の包括的かつ柔軟なカタログを提供しており、情報システム及び組織におけるセキュリティとプライバシーの対策として参照されています。これらは変化する脅威やテクノロジーに基づいて現在及び将来のニーズを満たすために使用でき、従来の企業ITから制御システムまで情報を送信するいかなる管理組織やシステムにも実装できるようです。 これらはほかの文書とともに要件を満たすために、必要な管理策を識別できるように設計されています。策をリスクベースで選択することによって組織が求められる要件に準じて、適切なセキュリティ対策を行い個人のプライバシーを保護できるようになっています。 NISTの策については、組織の主張と主要を助けるためにリスクマネジメントの概念を統合して、プログラムに新しい重視のものを追加したことで、リスクマネジメントプログラムとも連携をしました。また新たなファミリーも作り上げられました。

NISTのアクセス制御について説明します!。

ここでは、NISTのアクセス制御について説明します。まずは、SP800-17114カテゴリーについて紹介します。アクセス制御は、システムに入ることができる人/機能を制限する。認識とトレーニングは、セキュリティポリシーの順守です。監査と責任の追跡可能性は、システムを監査し責任を追求できることです。構成管理はシステムを構成するデバイスに必要なセキュリティ構成設定を確立します。識別と認証は、システムユーザーとデバイスの識別です。インシデント対応は、インシデントを追跡および報告できることです。メンテナンスは、組織のシステムのメンテナンスを実行します。記録メディアの保護は、CUIを安全に保管できるユーザーを制限することです。人間の安全はシステムに入る個人の調査です。物理的保護は、組織のシステム・機器などへの物理的侵入を制限します。リスク評価情報資産のリスクを適切性の評価です。セキュリティ評価は、セキュリティ管理を定期的に評価します。システムと通信の保護は、システムの主要な通信を監視・制御・保護します。システムと情報の整合性は、情報とシステムフローのタイムリーな識別です。NISTSP800-171は、以前よりも広いセキュリティ領域をカバーしています。また、識別と防御までの侵入前だけでなく検出・応答・および回復のサイバー攻撃の侵入後にも焦点を当てています。

グローバル企業に欠かすことができないNIST

NIST(National Institute of Standards and Technology)はアメリカ合衆国商務省の科学技術研究所であり、テクノロジー、計量、標準化、サイバーセキュリティなどの分野において、世界的に信頼されるリーダー企業の一つです。
NISTは産業界や政府機関、学術界などと密接に連携し、テクノロジーの研究・開発や標準化の推進、計量学の研究・実施、サイバーセキュリティの向上などに取り組んでいます。
NISTが開発した標準やガイドラインは、国際標準化団体や産業界においても広く採用されており、その影響力は非常に大きいと言えます。
NISTは最新のテクノロジーの研究や開発を行い、その成果を産業界や政府機関に提供しています。
標準化の推進を通じて、産業界の競争力の向上や消費者保護の強化を目指します。
計量学の研究や実施を通じて、正確な測定や評価を行い、産業界や政府機関に貢献しています。
サイバーセキュリティに関する標準やガイドラインの開発を行い、情報セキュリティの向上に取り組みます。
その高い技術力と信頼性から世界中の多くのグローバル企業や政府機関から信頼を得ています。
そのため開発した標準やガイドラインを採用することは、企業や組織にとってビジネスの拡大や安全性の向上など、大きなメリットがあると言えます。

中小企業のNISTの課題と解決策について

アメリカのセキュリティ基準NISTの準拠は、中小企業にとっても軽視できない課題なのではないでしょうか。
中小企業が抱えるNISTに関わる課題といえば人材不足で、知識と技術の両方を持つ人材の確保が必要です。
育成を前提に募集や採用を行う方法もありますが、この解決策は成果が出るまでに時間が掛かるのが難点です。
現実的なのは外部の専門家やコンサルタントに相談して、NISTの対応に取り組むことです。
また知識が習得できる機会のセミナーを活用することで、従業員を育成するのも解決策の1つとなります。
中小企業にとってのNISTは、大手と比べるとハードルが高く実施が難しい側面があります。
大切なのは1つだけでなく複数の方法を検討すること、多少時間が掛かっても着実に推進していくことです。
セキュリティ基準に対応しないと商談が難しくなったり、商談そのものが不可能になる状況が発生する可能性があるので、少なくとも避けて通るという選択肢はないのではないでしょうか。

あらゆる業種に関連するNISTのフレームワークコア

ネットワークの普及とIT化が進む現代において、NISTはあらゆる業種で導入するべき要素を含むセイバーセキュリティーフレームワークです。
技術の発展に伴って複雑化するセイバー攻撃を防ぐためには、NISTの概要を十分に理解する必要があります。
ネットワークやパソコン、スマートフォンといったデバイスはあらゆる業界で使用されており、どんな業界であってもサイバー攻撃の防止と無関係ではいられないでしょう。
NISTを構成する主な要素の中でもフレームワークコアは全ての業種に関連するもので、共通のサイバーセキュリティ対策を示しています。
高度化するサイバー攻撃に対応するためには、自社に足りないものや必要なもの、導入するべきシステムなどの把握が重要です。
フレームワークコアは5つのコアに加え、23のカテゴリーに分類されています。
識別や検知、防御、対応、そして復旧にまとめられたコア機能について理解し、NISTに添った対策を行う必要があるでしょう。

NISTは産業技術の分野で高い信頼性がある

NIST(National Institute of Standards and Technology)はアメリカ合衆国商務省の機関であり、産業技術分野において標準化や測定技術、サイバーセキュリティ、物質科学などの研究・開発を行っています。
アメリカ国内の産業界や政府機関、学術界などと協力して、標準化や測定技術の開発・普及を行っています。
これにより製品やサービスの品質の向上や、新しい技術の開発・実用化が進むことになります。
サイバーセキュリティに関する開発も行っており、セキュリティの脅威に対する対策技術の開発や、セキュリティ規格の策定などを行っています。
NISTが研究・開発を行っている分野の一つに物質科学があります。
物質の構造や性質に関する研究を行い、材料開発や環境問題解決に貢献しています。
例えばNISTは太陽光発電セルの効率向上に貢献するため、太陽光発電セルの材料の評価や分析を行っているのです。
NISTは産業技術分野において高い信頼性を持つ機関の一つです。
その研究成果や標準化によって、アメリカだけでなく世界中の産業界や研究機関に影響を与えています。

NISTが検証することで何がわかるのか知っておきたい

NISTは、National Institute of Standards and Technology(国立標準技術研究所)の略称であり、米国政府が科学技術分野において研究開発・標準策定・認証試験・技術支援等の業務を行っている機関です。
NISTは、世界的に信頼される標準の策定や評価を通じて企業や政府機関、一般の人々が信頼できる技術情報を利用しビジネスや公共の安全性を確保することを目的としています。
検証とは、ある情報や製品が正確で信頼性があるかどうかを評価するプロセスのことです。
NISTは、その分野でも重要な役割を果たしています。
たとえばコンピューターセキュリティー分野において、セキュリティー製品の検証や評価を行っており企業や政府機関が信頼できる製品を選定できるようにサポートしているでしょう。
また量子コンピューターや量子通信分野でも検査の役割を果たしています。
これは、量子コンピューターが正確で信頼性があるかどうかを探るするための標準を策定し、量子通信の安全性を評価するためのプログラムを開発しているわけです。

NISTが提案する特定セキュリティ基準の概要

NISTとはアメリカ国立標準技術研究所のことであり、様々な規格や基準を設定している機関です。 このNISTによって提案されている特定のセキュリティ基準は、産業界において重要な安全対策のガイドラインとなっています。
特に情報技術におけるセキュリティは、個人や企業の情報資産を保護する上で欠かせない要素です。 NISTは、サイバーセキュリティの強化に向けて、組織が実行すべき特定のプロセスや手順を詳細に示しています。
例えば、リスク管理フレームワークやサイバーセキュリティフレームワークなどがあり、これらはさまざまなリスクから組織を守るために設計されています。
これらのフレームワークには、セキュリティポリシーの策定、アクセス制御、データの暗号化、インシデントの対応などが含まれており、それらを実施することで組織は安全な運用を望めるようになります。
具体的な基準や規格を守ることで、NISTは世界中のセキュリティ慣行をリードし、組織は信頼性と整合性を高めることができるのです。
NISTの提案する特定のセキュリティ基準は、進化するサイバー脅威から企業を守るための強固な基盤として、その有効性が認められています。

NISTが提唱するセキュリティ学習の要点

NISTとは米国の国立標準技術研究所の略称で、国際的な標準化を推進しています。 特に現代社会におけるサイバーセキュリティの重要性は高く、NISTはこの領域における標準設定やガイドラインを提供しています。
セキュリティ学習においては、NISTが提供する情報が非常に役立ちます。 NISTのガイドラインには、組織や個人が取り組むべきセキュリティ対策が詳細に記されており、それらを学習することでリスク管理能力を高めることができます。
セキュリティ対策の学習には、まず基本的な原則から理解を深めることが大切です。 例えば、情報の機密性、完全性、可用性を守るためにどのような対策が必要かという点です。
これらの原則はNISTの各種文書において繰り返し強調されています。 さらに、定期的なリスクアセスメント、従業員教育、物理的・デジタル的なセキュリティ対策の整備はどの組織にとっても必須とされています。
また、NISTはサイバーセキュリティフレームワークを提供しており、ここには具体的な実践方法が記述されています。
このフレームワークを学習し実践することで、セキュリティ維持のための体系的なアプローチが可能になります。 個人や組織が直面するサイバー脅威は日々進化しているため、NISTの最新情報を定期的に確認し学んでいくことが重要といえるでしょう。
総じてNISTの理念に基づく学習は、包括的な視点でサイバーセキュリティを考え、どのような脅威に対しても迅速かつ効率的に対応する能力を身につけるためには欠かせないものです。
組織や個人がNISTの学習を通じてセキュリティ意識を高め、適切な対策を講じることが今日の情報社会においては求められています。

NIST基準で考えるデータ復旧の手順と要点

情報セキュリティ分野で広く認知されている米国国立標準技術研究所、すなわちNISTが定めるガイドラインは、データ復旧を含む様々なプロセスにおいて信頼性の高い基準を提供します。
データが予期せず失われた場合、NIST基準に則った復旧手順は、業務の継続性と情報の完全性を支えるために不可欠です。
まず、復旧計画を立てる際には、影響分析を行いデータの重要性を評価することが求められます。 これはデータ復旧の優先順位を明確にし、効果的なリソース配分を可能にするためです。
また、復旧プロセスにおいては、定期的なバックアップとそれに関連するデータ保護のプロトコルが大切であり、これらはリスク管理計画の一環としてNISTによって推奨されています。
さらに復旧後は、失われたデータの完全な回復を確認し、同様の事態を未然に防ぐためのレビューと改善が不可欠です。
NISTのフレームワークを適用することで、組織はより強固な復旧策を確立し、未来のデータ損失リスクに対して備えることができるのです。

NISTのメンテナンス指針をわかりやすく解説

NISTとはアメリカ合衆国の標準技術研究所であり、産業界や科学技術分野の発展に重要な役割を果たしています。
この機関は、様々な分野における基準やガイドラインを提供し、安全で信頼性の高い製品やサービスを実現するための支援を行っています。
特にセキュリティ関連では国際的な権威を持ち、その指針は多くの企業や組織にとって必須のリファレンスとなります。
NISTが発表するメンテナンス指針は、システムの保守管理において最適なアプローチを示しており、多くのIT専門家に参照されています。
メンテナンス指針には、システムの定期的なレビューから、必要に応じた更新、脆弱性への迅速な対応まで、幅広いプロセスが含まれます。
例えば、サイバーセキュリティフレームワークにおいては、リスク管理のプロセスや、システムの適切な運用に必要なポリシーや手続きを定義しています。
これに従うことで、組織はシステムのメンテナンスを効果的に行いながら、セキュリティを確保し、サイバー攻撃に対する防御力を高めることができます。
また、NISTの指針は法的要件への準拠を助け、潜在的な違反やその他のリスクから組織を守るための基盤を提供します。
NISTの提供するメンテナンス指針は、単に技術的な側面に留まらず、組織の文化やプロセスにも影響を及ぼすため、包括的な理解が不可欠です。
今後も技術の変化に対応した更新が求められますが、NISTの指針に従ってシステムのメンテナンスを適切に行うことで、安全かつ持続可能な運用が可能になります。

NISTガイドラインを解説・トラブル防止の秘訣

情報セキュリティの世界ではNISTのガイドラインが広く参照されています。 ガイドラインには情報セキュリティ対策の基準が明記されており、業界標準とされている理由は明確な指針を提供するからに他なりません。
トラブルを未然に防ぐための一環としてNISTガイドラインの遵守は必要不可欠です。 このガイドラインが重視する点の一つは安全なパスワードの管理です。
利用者は容易に推測されにくい、複雑さをもったパスワードを設定することが推奨されています。 また、多要素認証の導入により、認証プロセスの強化も重要なポイントとなっています。
他にもリスクベースのアプローチを導入することで、組織は貴重なリソースを有効に管理し、リスクの高い分野に注力できます。
特にサイバーセキュリティインシデントが頻発する昨今、適切な対策と迅速な対応が求められているため、NISTガイドラインは価値ある情報源なのです。
また、ガイドラインは定期的なレビューとアップデートにより、変化する脅威環境に合わせて最新状態を保っています。
現実の世界で起こりうるトラブルシナリオを想定し、それに応じた対応策を構築する際に、NISTガイドラインは信頼性の高い参考資料となるでしょう。
情報セキュリティはテクノロジーの進展と共に発展を続けていますが、その基礎となる考え方や原則は変わることなく、NISTガイドラインによって提供される洞察は多くの専門家にとって貴重な指針となっています。

NISTの情報を集めよう

NISTについての情報

新着情報

◎2024/3/1

情報を更新しました。
>NISTが提案する特定セキュリティ基準の概要
>NISTが提唱するセキュリティ学習の要点
>NIST基準で考えるデータ復旧の手順と要点
>NISTのメンテナンス指針をわかりやすく解説
>NISTガイドラインを解説・トラブル防止の秘訣

◎2023/5/8

情報を更新しました。
>グローバル企業に欠かすことができないNIST
>中小企業のNISTの課題と解決策について
>あらゆる業種に関連するNISTのフレームワークコア
>NISTは産業技術の分野で高い信頼性がある
>NISTが検証することで何がわかるのか知っておきたい

◎2022/7/7

情報を更新しました。
>各国の度量衡管理機関の中でも目立つNIST
>NISTとは所属機関について知りたい情報
>NIST基準のセキュリティ管理とはなにか
>NISTの管理組織についてはどうなのか説明
>NISTのアクセス制御について説明します!。

◎2021/9/30

NISTの役割とは
の情報を更新しました。

◎2021/8/11

サイト公開しました